Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > CMS Blog > 2013年6月 > コンタクト・サポーター事例(1)

CMS Blog

CMS(コンテンツ管理システム)について、その手法、ノウハウ、参考になりそうなリソースなど、CMSの活用情報をさまざまな角度からお届けいたします。当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlc_cmsをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2013年6月26日

コンタクト・サポーター事例(1)

テクニカルディレクター 杉本

今回は、以前ご紹介したコンタクト・サポーターの最もオーソドックスな使い方として、お問い合わせフォームをご紹介します。

consup1-1.jpg

こちらは、コンタクト・サポーターで動作している、当社のお問い合わせフォームの例です。

このフォームは、

ここまでだったら、無料のフォームでもできますね。
しかし、コンタクト・サポーターは

などの機能が備わっています。
もう少し掘り下げてみましょう。

承認機能

コンタクト・サポーターの承認機能とは、頂いたお知らせを返信するにあたり、上司や法務関係者などのチェックを受けた後、相手に返信を出すことができる機能です。ワークフローともいいます。
会社の内部統制が重要とされる世の中ですので、会社のワークフローに組み込む事が可能になります。

データの暗号化保存

お問い合わせには、管理画面から返信することができます。
コンタクト・サポーター側でデータが保存されることになりますが、一般的にテキストデータ(csv、txt)に保存する形態と違い、お問い合わせ内容のデータは暗号化して保存いたします。
正規の方法でアクセスしないとデータは見る事ができませんので安心です。


このように、コンタクト・サポーターなら、安全なお問い合わせ対応を十分に果たすことが可能です。

社内のお問い合わせ対応でお悩みでしたら、コンタクト・サポーターをご検討ください。

コンタクト・サポーターはライセンスパッケージです。
価格につきましては、当社までお問い合わせください。