Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > CMS Blog > 2009年9月 > CMSソリューションパッケージのご案内:セミナー情報管理ソリューション

CMS Blog

CMS(コンテンツ管理システム)について、その手法、ノウハウ、参考になりそうなリソースなど、CMSの活用情報をさまざまな角度からお届けいたします。当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlc_cmsをフォローしてください。当Blogへのご意見・ご質問は、Twitter経由でも受け付けております。

2009年9月15日

CMSソリューションパッケージのご案内:セミナー情報管理ソリューション

テクニカルディレクター 棟

ミツエーリンクスでは、今までeZ publishExpressionEngineで様々な企業様のサイトのCMS導入のお手伝いさせていただきました。 それらの経験をもとに、この度新しいCMSのソリューションパッケージ「セミナー情報管理ソリューション」をリリースいたしました。 今回はそのご紹介をさせていただきます。

「セミナー情報管理ソリューション」とは?

顧客との接点を増やすために、自社の知識や技術、商品などを題材にセミナーを行う企業様が増えております。 しかし、

といった問題を抱えている企業様が少なくありません。
それらの問題を解決すべく

をコンセプトに、「セミナー情報管理ソリューション」を開発するに至りました。

「セミナー」に関わる情報をCMSで管理し、ユーザーのニーズに合った情報へ誘導!

セミナーには、様々な情報が紐付いております。
例えば、

などがそれにあたります。

「セミナー情報管理ソリューション」は、それらの情報を個別に管理しており、 講師別、会場別、開催日時別にセミナーを一覧させることができます。 それにより、サイト訪問者の導線を増やして、よりニーズに合った情報へ誘導することができます。

プランは2タイプ。eZ publishとExpressionEngineをベースに開発

企業様のサイト運営の用途に合わせた2つのプランを用意しています。 セミナー運用に関わる業務をトータルにサポートする機能を備えた「standard」と、 セミナーの情報掲載や管理にのみ特化した、「standard」の簡易版「mini」とがあります。 また、各プランで開発のベースとしているCMSは異なり、「standard」はeZ Publish、「mini」はExpressionEngineのフレームワークを元に開発を行っています。

何故CMSをベースにしたのか

開発コストの軽減が図れることが大きな目的でした。 CMSは、管理画面や入出力の機能は既に用意されています。 そのため、CMS既存の機能を組み合わせてセミナー情報管理に特化した機能を開発するだけでよいので、開発工数が減り、料金設定も下げることができました。

今後もどんどんリリースされるCMSソリューションパッケージ

ミツエーリンクスは今後もCMSをベースとした、用途を絞ったソリューションパッケージをリリースしていく予定です。 企業様のご要望、ニーズをいち早く吸収し、より良いモノをより安くご案内できるように日々研鑽していきたいと思っております。